日本人が知らないアフターピル

日本人は世界でも有名な避妊にピルを使わない国です。

外国の女性があたり前のように使っているのに対して日本人の女性はピルに対してあまり良いイメージを抱いていない人が多いですよね。

でも海外ではアフターピルに対して絶大な信頼を寄せているのです。というのも海外ではアフターピル以外にもピルを使っての避妊があたり前でみんな普通に持っています。特に欧米ではアフターピルの普及率が非常に高いのです。

外国人は日本に比べるとパートナーと愛し合う回数も多いことがあげられます。

そして一般的にセックスに対してもオープンなのです。

「はじめまして」で「体の関係」を持つことだってあるのだそうです。だから海外男性も女性もセックスが上手いのだとか・・・。

オリンピックで海外の選手村では男女が部屋に行き来することも少なくないと言います。そのためコンドームを配布したりするようです。

そしてもう1つは日本のように治安が良い国だけではないのです。レイプや強姦が多数起きている国や地域が存在します。そのためにも多くの女性がアフターピルを備えていることもあるのです。
外国ではだれしもが自己への危機管理を持っているのです。

アフターピルで危機管理

しかし日本では深く知られていないアフターピル。「アフターピルはなぜ使わないのか」と聞くと副作用と答える人が半数以上いるでしょう。

私もアフターピルを服用したことがあるので副作用が無いとは言い切れませんがアフターピルにも種類があり今は副作用が抑えられるアフターピルがると言います。

私が以前服用したアフターピルはヤッペ法という方法でしたが、最近では副作用が少ないノルレボ法という方法が有名のようです。ヤッペ法に比べ副作用を訴える女性が8割減ったという結果もあるみたいです。そのノルレボ法が用いられた「アイピル」を購入しました。

妊娠をする確率を少しでも減らしたい!出来るのであれば中絶という選択をしたくないのです。今は妊娠を望まないので彼とも話し合いアフターピルを使うことに決めました。

PAGE TOP